ナース

神経障害性疼痛について知ろう|治療をしてラクな生活を送ろう

痛みは身体の不調のサイン

スマイル

神経障害性疼痛は加齢で発生することもありますが、感染症や糖尿病が原因になるケースもあります。病気の進行が疼痛と連動しているケースが多いので、医療機関での受診を行ないましょう。神経障害性疼痛を早期発見するためのパンフレットなども配布されており、認知度はますます高まるでしょう。

View Detail

交通事故などの後に多い

診察

交通事故にあって骨折した場合などに、骨自体が治っても痛みがずっと続くことがあります。こうした場合、複合性局所疼痛症候群という神経障害性疼痛の可能性が疑われます。神経障害性疼痛の痛みは意識しすぎると悪化するため、精神療法などが効果的です。

View Detail

早く病院に行くこと

レディー

怪我が治っても、まだ痛み続けるならば神経障害性疼痛になっている可能性があります。精神的なことが関係しているケースもあり、これからも精神科などに診てもらう必要がでてくるといえます。放置しておいても、改善する可能性は低いですので我慢せずに病院に行くことから始めてみるとよいです。

View Detail

しびれや痛みは注意

医療

神経の障害で起こる痛み

体から発症する痛みには色々なものがありますが、全身に走っている神経のうち一部が(あるいは大きな範囲で)圧迫や切断されることによりしびれや激しい痛みが発生し、多くの場合は日常生活に大きな支障をきたす状態となります。この状態を神経障害性疼痛といいます。また他の内科的な疾患により併発する場合も多く、治癒するまでに長い期間が必要となります。よくあるケースとしては糖尿病に由来する有痛性糖尿病性の神経障害性疼痛や、脊柱管狭窄やヘルニアによるもの、手根管症候群に由来するものなどがあります。疾患自体が治癒した後にも神経障害性疼痛だけが残るというケースもあり、また目に見えない神経の痛みであることから、神経障害性疼痛に罹患した方は治療に対して焦ってしまいがちですが、専門医に診せることで適切な診療を受けることができます。まず対処療法を行うことで痛みを取り、それにより精神的な不安や焦りは解消され、更に手術などの根本治療を行うことで治癒へ導くことも可能となります。

治療方法

神経障害性疼痛については大きく3つの治療方法が存在します。まず1つめは痛みを取り、不安を取り除く「対処療法」としての神経ブロック療法です。局所麻酔を使用することにより、神経内の痛みの伝達をブロックするというものです。これは一時的な痛みを取るものになりますが、日常動作で痛みが出ないことでの精神的な平穏をもたらす効果も期待できます。次に薬物療法となります。様々な種類の薬剤が開発されており、麻酔系、非ステロイド性消炎剤、オピオイドなどがあります。特に非ステロイド剤については、以前副作用がありましたが現在は研究が重ねられ改善されており、安心して使用することができます。症状により使用できないものもあり、また継続的に飲み続けることにより効果が発揮されるため、痛みが解消されたとして勝手に服用を中止せず、専門医の指示に従いましょう。上記の保存療法において改善が見られない場合は手術療法となります。現在では多くの医療機関で日常的に行われているため、現在の医療レベルにおいては安心して受けることができます。

医師の支持に従う

ドクター

関節などに起きる痛みといった異常は、神経によって感じさせられている信号なのです。神経障害性疼痛を改善するためには医師の指示に従い、効果的な処方と改善行動を続けましょう。

View Detail

原因の特定が困難な痛み

女の人

座骨神経痛や頸椎症などの神経障害性疼痛は神経が傷んだために痛みが生じてしまう疾患で痛みの原因を黙視できません。この疾患は市販薬では治りませんので医師の診察を受ける必要があります。この時、原因を黙視できない神経障害性疼痛を適切に診断してもらうには、患者からの的確で具体性のある症状の説明が大切です。

View Detail