医者

神経障害性疼痛について知ろう|治療をしてラクな生活を送ろう

痛みは身体の不調のサイン

スマイル

適切な治療が必要

神経障害性疼痛とは、何らかの原因によって神経に刺激が加わっている状態です。神経は、感覚器官の束です。よって、その部分に直接的な刺激が与えられると、皮膚感覚よりはるかに鋭い痛みとしびれを感じます。神経障害性疼痛は、神経が刺激される以外原因で発症する可能性もあります。神経障害性疼痛の代表的な症状としては、脊椎狭窄症が挙げられます。脊椎狭窄症の主な原因は、加齢による軟骨の減少です。しかし、神経障害性疼痛は、ウイルス感染や糖尿病によっても発症することがあるのです。とくに、帯状疱疹ウイルスやHIVウイルスは、神経を侵す作用がありウイルス感染が進行するとしびれるような痛みを常に感じるようになります。また、糖尿病が悪化すると細胞の壊死を引き起こします。その壊死の範囲が神経まで達すると、感覚が鈍くなるほどの疼痛に襲われます。このように、神経障害性疼痛には加齢以外の原因が考えられます。そのため、外傷がないのに痛みが長引く場合は、速やかに医療機関を受診する必要があります。

痛みのサインの周知徹底

神経障害性疼痛に対する認知度は、ますます高まってくると考えられます。神経障害性疼痛の裏側にはウイルス感染や糖尿病などの重大な疾患が隠れていることがあります。そのため、医療関連機関では、長引く痛みに対する注意喚起を行っています。そして、神経障害性疼痛という病名の周知徹底を図っています。その対策の一貫として、市町村の保健センターや地域の医療機関において、痛みに対するパンフレットを配布しています。このパンフレットには、痛みに関するチェックシートが掲載されています。そして、自身の持つ症状がチェックシートの項目に当てはまる人に対しては、医療機関への受診をすすめています。また、治療中の疾患がある患者に対しても、痛みについて細やかなヒアリングを行っています。それによって、早期に神経障害性疼痛を発見して、考えられる病状の解明と治療に取り組んでいます。神経障害性疼痛は、サプリメントや市販薬を用いて治療するのは困難なので、精神科など専門家の下で診断してもらい治療に取り組むのが良案と言えます。