医者

神経障害性疼痛について知ろう|治療をしてラクな生活を送ろう

早く病院に行くこと

レディー

我慢しないようにする

本来痛みは、怪我が治ればなくなるものです。外傷がなくなっても痛みが取れない場合、神経障害性疼痛になっている可能性があります。我慢すればするほど、どんどん悪化してしまうことがあるので、神経障害性疼痛の疑いがある時点で早めに治療を受けることが当たり前になっていくといえます。神経からの痛みですので、自力で改善することは難しく寝れば治るものではありません。精神的なことがかかわっていることもあり得ますので、精神科などに相談することも必要になっていきます。現在でも痛みは我慢するものと考えてしまいがちですが、神経障害性疼痛であれば慢性化していることが多いです。治るまでに時間がかかりますので、痛みだけではなくしびれが続いたら一度病院で検査を受けてみることです。炎症などの原因が見つからず、痛みがなくならないならば神経障害性疼痛になっている可能性が高いです。肉体の怪我だけが原因ではありませんので、誰でもなってしまう可能性があるので日頃から、精神的なケアもきちんと行うことが必要です。

ストレスをためない

加齢によって、神経障害性疼痛になってしまうこともありますがストレスが増えすぎることで、痛みを抑える機能が低下してしまいます。これによって痛みに対して、敏感になってしまうことがあるといわれています。神経障害性疼痛は、長期間痛みが出てしまうケースが多いので放置せずに対応することが必要です。体に傷などの原因がないとすれば、ストレスによる影響かもしれませんので心療内科などに相談しに行くとよいです。薬による治療も大切ですが、ストレスが原因ならば解消することが必須になります。好きなことをするまたは、運動をしてみるなど気分を変えることです。心が落ち着くことをすることで、改善することもあり得ます。もちろん、人によって症状は違いますので、病院に行き検査を受けたうえで医師に相談すれば問題ないです。一番やってはいけないことは、治療を受けないことです。何もしなければ、神経障害性疼痛を慢性化させてしまうといえます。病院に行けば、様々な治療法が存在していますので神経障害性疼痛の負担を減らすことが可能です。